昔の仲間と-2

週末は、偶然やご縁が再会させてくれた、元同僚の集まる会がありました。

私の隣のA子さんとの再会は、なんと20数年ぶり。
他のメンバーも久しぶりなのに空白の時間を感じさせないのは、社会人としての成長期に同じ空気で生きたからかもしれません。

A子さんは、私の一年後輩ですが、有能なキャリアウーマンとして、2人の娘さんを育てながらここまで勤め上げて来ました。
この6月にご主人をご病気で亡くされたので、お見舞いの気持ちもあったのですが、自宅にて手厚い看護をして看取ったため、吹っ切れている様子に安心もしました。

A子さんとは、女性差別をする会社と共に戦った仲間であり、一緒に温泉に旅した仲でもありますが、何と言ってもA子さんご夫婦の縁を引き合わせたのは、ニカさんと私だったというご縁もあります。

20代の当時を思い出しつつ、あの頃は誰にも色々な人生の選択肢があったのだと今になって気が付きます。
でも当時は、自分の前の道は一本のような気がしていました。その結果ニカさんと私は会社を辞めて、フリーランスのデザイナーとしてここまで来ましたが、当時に戻れてもやはり同じ選択をすると思います。

会社員のような安定はありませんが、自由で退屈しなくて、毎回の仕事が新鮮で、時に嵐が、時に干ばつが襲うのがフリーランスの世界。

皆がそれぞれの選択の末に今がありますが、ここまで来ればプラマイゼロですね。

同世代の同僚たちは定年を迎えつつありますが、皆まだまだ若いし、有能だし、経験も豊富で実績もあります。
大手企業で培った仕事のノウハウを、埋もれさせては勿体無い!
実際に写真右のエンジニアのMさんは、ニカさんの紹介で中小製造業に転職して、今ではその会社にとても重宝がられています。

このような定年世代と中小企業のマッチングで、もっと社会は活性化する事間違いなし!と感じる機会でもありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カネゴン より:

    さすがヨシコちゃん、女性差別で会社と戦ったんだね。
    あの時代、私の職場も普通2~3年勤めたら寿退職が当たり前の時代だったし、
    まして、子育てしながらなんて考えられなかったけど、40年近く経って今は随分
    変わったよね。
    私も人生残り三分の一になって、あの時あの曲がり角を別の方へ行っていたらって
    想像することもあるけど、ここまできたら、これはこれで良かったと思ってるよ。
    それなりに頑張ってきたからね。
    ヨシコちゃんも大変な時期もあったろうけど、こうやって昔の仲間と楽しく過ごせる
    って幸せだわ。
    私も色んな人からエネルギーをもらって、残りの人生楽しもう!

  2. 直子 より:

    同じ時代を生きた仲間との再会は元気になれるよね。
    共通の思い出は宝物だと思う。
    みんなそれぞれに人生があるんだけど、ほんと、プラマイゼロだよね。
    ないものねだりは止めて恵まれていることに感謝して生きていきたいと思うよ。
    どんな経験も肥やしになるしね。
    人の数だけ物語があるんだなあと思う今日この頃です。

  3. ヨシコ より:

    カネゴン
    あの会社は何と言っても男社会で、
    今なら、社会問題になるようなことがたくさんある会社だったよ。(▼▼#)
    今回もすごい話を聞いちゃった。(^-^;).. 
    そんな中で女性社員の先駆けとしてここまでやって来たA子さんは偉いと思うわ。
    この会ではカネゴン家の話も出たので、元気な報告をしておいたよ。
    メスカネゴンが、先日女一人旅でロシアに行った話をしたら
    「カネゴンさんの奥さん、すごい!」ということになりました。(^.^)v
    皆、頑張って来た今の道が一番だよね。

  4. ヨシコ より:

    ナオチャ
    本当に、人の数だけ物語があるんだよね。
    皆、自分の人生の主役なのよね。
    その主人公を幸せにするのも不幸にするのも自分次第なのよね。
    まだまだこれから先の人生を素敵に作って行きましょね。
    思い切った九州の旅の報告、楽しみにしてます。 (^.^)v  

  5. アトム より:

    カミさんと「A子さんだぁ」と懐かしく見させてもらいました
    自分も1年間重なっていますね
    いい感じの写真です(^^

  6. ヨシコ より:

    アトムさん
    A子さんは、外見も性格もあの頃のまま、変化無しです。(*^^*)
    還暦の頃になると、昔の友と再会したくなるのかもしれませんね。
    奥様の事も懐かしいです。
    以前の再会から、もうちょうど8年が過ぎてしまいました。
    お二人とも上京の際には、是非お声をかけてくださいね。